お役立ちコラム

【居心地のいい空間!?】居心地のいい空間が欲しいなら住宅にヌックを!

皆さんは、なんとなく落ち着く場所ってありますか?
私は、部屋のすみっこやトイレのようなこぢんまりとした空間で落ち着くことがあります。
たまに「自分だけの空間! 」って感じがして、なんか居心地がよく感じるんですよね~。

さて、居心地のいい空間というのは人それぞれですが、「狭い場所はなんだか落ち着く」「ゆるく1人で過ごせる空間が欲しい」という方にオススメなのがヌックです! あまりなじみがないかもしれませんが、ヌックはこぢんまりとした居心地のいい空間として注目を集めています。そこで今回は、ヌックについて空間作りのコツなどをご紹介します。

「ヌック」とは?

ヌックとは、特定の用途を定めず、家の中に設ける小さな空間のこと。大人1人が足を伸ばしてくつろげる1~3畳ほどの広さが一般的で、 多くの場合ドアなどの明確な仕切りを設けず、ゆるやかに空間を分けます。家族の気配を感じつつ過ごせるのがヌックの特徴であり魅力です。

広さや機能性よりも快適さや居心地の良さを考え、「ゆっくり読書をする」「ティータイムを過ごす」「ちょっと考え事をする」など、あらゆる過ごし方ができます。また、子どもたちの秘密基地としてヌックを作るケースもあるようですよ! ヌックは、誰でも使える個室とは違った居心地の良い空間で、ワンランク上の住み心地が実現できるはず!

ヌックを作る際のポイント

~マイホームにヌックを作る際のポイントを3つ~

ヌックでの過ごし方を想像して!

半居室的なスペースとなるヌックは、使いづらいとただの物置きなってしまうことがあります。そのため、自分や家族の趣味・嗜好、ヌックでの過ごし方を考えて設計することがポイントです。読書が好きなら小さな本棚を置く、癒やしの時間を過ごすためにお気に入りの音楽を流せるようにするなど、ヌックでの過ごし方に合わせた設計をしましょう。

ゆるく空間を分ける工夫を

ヌックはドアなどできっちりと空間を分けないものの、ある程度のゾーニングは必要です。「天井を低くする」「床を高くする」「床や壁の素材・色を変える」など他の居室との差別化を図りましょう。テントのように布で仕切るのもオシャレでオススメです!

居心地の良い空間を目指す

ヌックを作るにあたって一番大切なのは「居心地の良さ」です。間接照明で適度な明るさにしたり、木のぬくもりが感じられるインテリアを置いたりして落ち着く空間を目指しましょう!また、ヌックは広くないため空気がこもりがちになります。場所によっては窓や空調機器の設置が難しいケースもあるため、設計段階で空気の流れも考えておくと安心です。

ヌックを作るのにオススメの場所は??

リビングの一角

家族が集まるリビングにヌックを設けることで、リビングにいる家族と空間を共有しながら、プライベートな時間を楽しめます。リビングの一角にヌックを設ける場合は、畳を敷いた小上がりにするのもオススメ! 明確な仕切りはないものの、リビングとは異なる雰囲気を味わえます。また、大人の目も届きやすいため、子どもたちの遊び場にもピッタリです。

階段下のデッドスペース

収納スペースなどで利用されがちな階段下のデッドスペースも、ヌックを作るにオススメの場所! 仕事や勉強、読書をする空間としてもピッタリです。天井が低いので秘密基地っぽさがあるのもポイント。なお設計の際は、立面図などでしっかり完成形をイメージすることが大切です。

太陽光の差し込む出窓をヌックにするのも◎

出窓部分をヌックとして活用すれば、外の景色を楽しんだり、ひなたぼっこをしたりとリラックスできる空間に! 日中は太陽の光、夜には月の光が差し込むため、自然を感じられるのも窓際ならではといえます。また、出窓をヌックにした場合、要件を満たすと床面積には含まれないため、狭い敷地でもヌックを設けやすくなります。

ヌックを取り入れて生活にゆとりを

ヌックは自分の部屋とは違う魅力が盛りだくさんの空間。居室以外に1人の時間を楽しめるスペースが増えるため、より過ごしやすいマイホームになるはず! ただし、ヌックを作る際は、設計段階から使い方などを考えておくことが大切です。マイホームにヌックを作って、居心地の良さを実感してみてはいかがでしょうか♪

関連記事

  1. 【まさに未来の家!?】IoT住宅ってどんな家?

  2. 【趣味の空間としても使える!?】ビルドインガレージとは??

  3. 【ウイルス対策ができる家!?】新型コロナウイルス対策ができる注文住宅と…

  4. 【住宅ローン控除】2021年の税制改正での変更点と2022年控除率見直…

  5. 【2022年問題!?】土地や不動産価格が下がるかも?

  6. 【意外と知らない!?】薪ストーブと暖炉の違い

最近の記事

PAGE TOP