お役立ちコラム

【こだわって!!】注文住宅は屋根までこだわって!屋根の種類や選ぶ際のポイントは?

あって当たり前のものって、そのありがたみに気付きにくいですよね……。
最近、いつもストックしていたお菓子が全部なくなっていたことに気付いて、そのありがたみを実感しました……。(泣)
次からはストックを切らさないようにしっかりと買いだめます!(笑)

さて、住宅における屋根も「あって当たり前」のもの! それだけに、普段の生活の中で意識することはあまりないはず。しかし、屋根は単純に雨風をしのぐためだけにあるわけではありません。また、形状もさまざまでその見た目や特徴も異なります。そこで今回は、普段あまり考えることのない屋根に注目! 形状や素材など屋根選びのポイントについて紹介します♪

屋根は雨風を防ぐだけではない!

住宅の屋根といえば「雨や風から暮らしを守ってくれるもの」というイメージが先行しがちですが、屋根の役割は決してそれだけではありません。
断熱や防音、さらには耐震性などあらゆる部分に関わります。
また、屋根はその形や素材によって見た目はもちろん機能性も変わるため、住む場所や地域の気候に合った屋根を設置することが重要です。

実はこんなにある屋根の形!

屋根と一口にいってもその形はさまざま。そこで、屋根の形ついて、代表的なものをいくつかご紹介します!

~屋根の種類一挙ご紹介~

切妻屋根

切妻屋根とは、屋根の中でもっともスタンダードな三角形の屋根のこと。シンプルな形なので設計が簡単でコストを抑えやすく、比較的丈夫な造りなのが特徴です。
しかし、多くの家で採用されるため、没個性になりがちというのがデメリットといえます。

寄棟屋根

正面と背面に台形2面、側面に三角形2面の計4面で作られるのが寄棟屋根です。屋根が4面で構成されているため、雨や雪がたまりにくく、屋根にかかる負担も分散されます。
また、4方向に軒ができるため外壁を守りやすいのもメリット。ただし、面が多い分、設置やメンテナンスにかかるコストが高くなるほか、太陽光パネルの設置が難しいケースもあるため注意が必要です。

片流れ屋根

片流れ屋根は、1枚の屋根を斜めに設置した形状です。デザイン性に優れていて、スタイリッシュなデザインで人気を博しています。
また、設置費用も安くなる傾向にあり、太陽光パネルの設置に向いているのも特徴。
ただし、雨や雪が1方向に向かって落ちることや、方角によっては日照の関係で近隣の住宅に影響を及ぼす恐れがある点に注意が必要です。

陸屋根

陸屋根とは平らなフタをかぶせたような形の屋根です。フラットな形状のため、バルコニーと使用したり室外機を設置したりとスペースを有効活用できるのが大きなメリット。
一方で、雨や雪などがたまりやすく雨漏りや劣化につながりやすい点がデメリットといえるでしょう。

方形屋根

ピラミッドのように四角すいの形をした屋根を方形屋根といいます。基本的な特徴は寄棟屋根と似ていますが、屋根のてっぺんが建物の中心にあるためバランスの取れた見た目や間取りを実現可能です。
また、4方向に雨や雪が落ちるため、ハケが良いのも方形屋根のメリットといえます。ただし、頂点に当たる部分に負荷がかかりやすく、雨漏りしやすい点に注意しましょう。

屋根の素材にも注目!

屋根の素材も機能性に関わる大切なポイント! どんな素材が屋根に使われるのかチェックしておきましょう。

~素材チェック~

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、アルミニウムや亜鉛、シリコンなどを原料とした合金で、屋根材としてもよく使われる素材。軽い素材なので耐震性の向上が期待でき、耐用年数は約20年と長め。
塗装も簡単なのでデザイン性に富んでいるのが特徴です。ただし、軽量なだけに傷がつきやすい点がデメリットといえます。

スレート

日本の住宅でもっとも使用されているといわれているのがスレートです。スレートには、粘版岩を薄く加工した「天然スレート」と、セメントと繊維を混ぜて作られる「化粧スレート」があり、基本的には扱いが簡単な化粧スレートが使用されます。

軽量で安価なのが特徴で、塗装で色合いを決められるのでカラーバリエーションが豊富なのもポイント! ただし、風や地震の影響で割れやすいため、定期的なメンテナンスが求められます。また、寿命は20~25年ほどですが、10年を目安に塗装や棟板金交換をする必要があります。

日本瓦

日本の住宅になじみが深い屋根材といえば瓦を思い浮かべる方も多いはず。昔から使われてきた日本瓦は、塗装を必要とせず、寿命が50年~100年といわれるほど耐久性が高いのが特徴です。
ただし、重量があるため建物に強度が必要で、耐震性もやや弱くなります。また、瓦のズレや割れ、漆喰の剥がれなどがある場合はメンテナンスをしなければいけません。

アスファルトシングル

アスファルトシングルとは、ガラス基材にアスファルトを浸透させて表面に石粒を吹き付けた素材で、北米などでは100年以上前から使用されていました。シート状なので扱いやすく、複雑な形の屋根にも施工が可能。割れやサビなどにも強いのが特徴です。一方で、デメリットとして、強風によって剥がれや破けが発生したり、表面の石粒が落ちてきたりすることが挙げられます。

屋根にも注目して住宅作りを!

屋根は、その形や素材によって機能性や特徴、メリット・デメリットが異なります。
そのため、「ただ雨風を防げれば良い」「見た目が良ければ問題ない」というだけでなく、しっかりと地域の特徴やライフスタイルに合った屋根を選ぶことが大切です。
せっかく注文住宅を購入するのであれば、屋根にまでこだわった理想の住まいを実現してみてはいかがでしょうか♪♪

関連記事

  1. 【知っておきたい工法!?】木造?鉄骨?鉄筋コンクリート?注文住宅を建て…

  2. 【ZEH(ゼッチ)とはどんな住宅?】未来を見据えた住まいのカタチ、ZE…

  3. 【失敗しない二世帯住宅!?】家族で支え合う暮らしを実現!失敗しない二世…

  4. 【期限迫る!!】住宅ローン控除の13年適用!すまい給付金との併用は可能…

  5. 【趣味の空間としても使える!?】ビルドインガレージとは??

  6. 【最大100万円の補助金】新しくスタートした「こどもみらい住宅支援事業…

最近の記事

PAGE TOP