お役立ちコラム

意外と見落としがちなトイレの間取り!意識しておきたいポイントとは

まだまだお家で過ごす時間も多いかと思いますが、皆さんはいかがお過ごしですか?
私は、有り余るおうち時間を活用してキッチンの模様替えをしたら、今までもよりも使いやすくなって料理にも気合いが入るようになりました!

こんな感じで、普段は何気なく使っているものでも、ちょっとしたことがきっかけで使い勝手が変わることってありますよね。

注文住宅でも、リビングや趣味の部屋の間取りやレイアウトを考える方は多い一方で、日常的に使っているトイレの間取りは見落としがちに。日頃から安心して使えるように臭いや音などにも気をつかっておきたいですよね。とはいっても、どこにトイレを設置すればいいのかイメージがわきにくいかもしれません。そこで今回は、トイレの間取りで意識しておきたいポイントや適した場所、必要な数などについて解説していきますね。

トイレの間取りを決める際に意識しておきたいコト

注文住宅で部屋の間取りを決める際に、「とりあえず欲しい部屋から考えて、余ったスペースにトイレを置けばいい」なんて考えてはいませんか? 普段何気なく使っているトイレですが、日常的に使う場所なだけに、設置場所を間違えると使いにくさを感じることがあります。では、トイレの設置に関してどんなポイントを押さえておけばよいのでしょうか。

音の配慮

トイレは早朝や深夜でも使うため、トイレに行くたびに寝ている家族を起こしてしまっては、お互いにいい気持ちはしませんよね。そのため、寝室のすぐ隣や直上などは避けた方が無難です。

気まずさを感じることはないか

トイレへの出入りを見られたり入っているところを知られたりするのは、あまり気持ちのいいものではないかもしれません。人が集まるリビングやダイニングの近く、人の出入りがある玄関付近をはじめ、トイレが近隣の家と近くなってしまうと、物音が響いたりトイレの出入りが知られやすくなったりするため「トイレに行きにくい」と感じてしまうかもしれません。

広さや収納スペース

トイレが窮屈では快適性に欠けるため、ある程度の広さは確保しておきたいところ。また、収納スペースが不十分な場合、別の部屋にトイレ関連のアイテムを保管しなければいけない点も不便さを感じる原因に。戸建ての場合、トイレのスペースは幅80cm×奥行き160cmが一般的といわれています。まずはこの広さを軸に、必要に応じて確保したいスペースについて考えましょう。

トイレを設置するおすすめの場所

トイレを設置するうえで考えておきたいポイントはさまざまありますが、どこにトイレを設置したらよいか、頭を悩ませている方もいるでしょう。ここからは、おすすめの場所をいくつか紹介していきます!

階段下

デッドスペースとなりがちな階段下は、トイレを設置するのにおすすめの穴場! スペースが有効活用できるので、トイレの設置場所やスペースの確保に悩んでいる方は、階段下のスペースを検討してみましょう。

洗面所の横

最近人気が高まっているのが洗面所横! 水回りをまとめることができ、生活の動線を取りやすいのがポイントです。ただし、洗面所とトイレを直接つなげてしまうと、トイレが使いにくい場面が増えてしまうため、分けた方がよいでしょう。

玄関横は扉から見えない位置ならOK!

玄関付近にトイレを設置するケースが多いですが、人が出入りする玄関付近への設置の際は注意しておきたいところ。玄関扉から直接見えない位置にトイレが設置できるのであれば、玄関横も検討してみましょう。

リビング付近は廊下を挟んで!

生活空間から近いため利便性は高いですが、くつろいでいるときにトイレが見えてしまうのは避けたいところ。リビング付近にトイレを設置するのであれば、廊下を挟むなど適度な距離を取るのがコツです!

トイレは複数必要?

「1階と2階にそれぞれトイレが欲しい」という希望や、「家族が多いので複数のトイレがあった方がいい?」といった疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。トイレはいくつ必要かということに関して正解はありませんが、トイレを複数設置する検討ポイントや注意点についていくつかお伝えします。

家族構成によって検討を

「子どもの有無や人数」「二世帯で住む可能性」など、家族構成によってトイレを複数設置するかを検討しましょう。働き盛りの親と子どもが2~3人の家庭となれば、朝のトイレ&洗面台ラッシュが起こるかもしれません。その場合は、洗面台とトイレをセットで複数設置すると利便性が高まります。また、二世帯で住む場合はトイレを2つ設置し、一つは高齢者でも使いやすい仕様とすることで住みやすさは大きく変わるはずです。

トイレの機能に差をつけると失敗につながるかも……

便座ヒーターやウォシュレットなどの機能はあると便利ですが、その分料金や電気代がかかります。しかし、トイレを複数設置する場合、トイレの機能に差をつけてしまうと一方が使われなくなってしまう恐れがあります。使っていないからといって掃除を怠ると、カビや水垢が発生したり臭いの原因となったりして手間ばかりかかってしまうことも……。

トイレの間取りもしっかり意識して!

普段何気なく使っているトイレですが、設置場所を間違えると不便さを感じてしまうかもしれません。リビングや趣味の部屋に比べると小さなスペースかもしれませんが、トイレは快適な生活を送るうえで欠かせない場所です。「使いやすくするにはどうしたらよいか」をしっかりと考えたうえで、ベストなトイレの間取りを検討しましょう!

関連記事

  1. 【知っておきたい工法!?】木造?鉄骨?鉄筋コンクリート?注文住宅を建て…

  2. 【失敗する!?】流行で決めると失敗する!?先を見据えた住宅デザインを!…

  3. 【フラット35とは?】特徴やメリット・デメリットを紹介!民間ローンとの…

  4. 【まさに未来の家!?】IoT住宅ってどんな家?

  5. 【後悔しない選択を!】ローコスト住宅が安い理由・特徴を知ろう!

  6. マイホームのデザインを考えるとき押さえておきたいポイントとは??

最近の記事

PAGE TOP